鶏の塩麹焼、さつまいも甘露煮、ネギたっぷり卵焼き

お弁当はつづく

前の週は北海道で久々に極寒に打たれてきたせいなのか、予定がツメツメで息つく暇がないせいなのか、木曜あたりから体調をくずしつつあった。
案の定、翌金曜夕方には忍び寄る風邪を明らかに自覚し、土・日は風邪っぴきとして寝て過ごす羽目になり・・・おかげで、翌週の食生活の仕込みができず、せっかくの曲げわっぱ弁当箱の出番がなかった。。

そして今週。リハビリ替わりに、鶏もも肉の塩麹漬けを引っ張り出す。なにがいいって、塩麹に漬けると10日ぐらいは平気でもつ。肉質は柔らかくなるし、うまみは増すし、これは魚の切り身でも同じ。
西京漬けや味噌漬けは塩辛すぎたり、甘すぎたりとあるけれど、さっぱりしていて、無精な私には最高の調味料ですね。

最近はデパート地下食品街にあるお魚の切り身がすっごく小さくなっている。
ザルにのせて売り子さんがビニールにワサッと入れてくれる、アレね。
お値段は変わらないのに、さらに一切れ減ってたりして、非常に残念だし、日本の海が本当に心配。

そうしたら先日、サカナバッカ梅ヶ丘店で久しぶりに大きな北海道のたらを見つけ、安いし、とても良いとホクホクしながら買って帰った。でも、2切れでは鍋には足りないし、ホイル焼きも面倒だし、で塩麹につけて冷蔵庫へポン。

翌週に思い出して焼いて食べたら、とってもおいしかった。魚の臭み嫌いで釣りキチに転じたオットが、感激するほど美味しかったらしい。
鮭やぶりなどの脂ののった魚はもちろん、白身もいけるのかと感激です。(あじ・さばでは試したことないけど・・・)おススメでーす。

sakanabacca→http://sakanabacca.jp/

(飯島)